僕の人生の経験値

僕が得た経験を自由にアウトプットして行きます〜

「Google Keep」それは最高のメモアプリ。瞬間のアイデアを逃さない!

f:id:yamakor:20170323173816p:plain

はじめに

今、メモ帳アプリっていろんなのがあるじゃないですか。

有名どころで僕が使ったことがあるやつでいうと、EvernoteとかiPhoneMac標準のメモ帳とかですかね。

どちらも使いやすいし、今でも使ってはいるんですが何かしっくりこなかったんですよ・・・

 

しかし僕は見つけてしまいました。

 

Google Keep」を。

 

僕にとってのメモ帳革命です、こいつ。

 

なんでGoogle Keep?

f:id:yamakor:20170323181431p:plain

なんでGoogle Keepなのか、何が革命なのか。(あくまで僕にとってですよ)

 

それは「音声入力」です。

もうこれだけで十分。

これが欲しかった。

 

Keepの機能や使い方などのことはここでは書きません!

だって他の有名ブロガーさんたちが記事書いてるもん。

 

だから音声入力の良さについて書きます!

 

僕の特性と音声入力

f:id:yamakor:20170323183057p:plain

僕の特性と似ている人には共感してもらえるのではないかと淡い期待を抱きながら書いているこの記事。

 

ではどんな特性かというと、ズバリ

ADD!(注意欠陥障害)です。

 

診断を受けたわけではないし、別にこれで自分の苦手を合理化しようとしているわけではないのですが、どうも調べて見ると当てはまる。。。

 

多分この記事の構成もADDぽいんじゃないですかね。話が飛ぶ感じとか。笑

僕の中では繋がってるんですが...

 

まあ、ADDとメモ帳に何の関係がって話ですよね。

 

ADDと関係があるのかはわかりませんが、

僕は通勤など歩きでの移動の際に色々考えたり、思いついたりするんですね。

 

「あ!このアイデア面白そう!」とか、「あっそうだ、家に着いたら部屋片付けて、洗濯をしないと」とか、もう色々です。

 

しかし同時にですね・・・目的地に着くと今度は別の情報が目や耳から入ってくることによって考えていたことがどっかに行っちゃうんです;;

 

だからメモを取らないといけないんですが、メモを取るのにフリックで入力するのがなぜか本当に嫌いで、Macを開いてパパッとやってしまいたいんです。

 

でも移動中でしょ・・・歩きMac・・・たまにしてますが片手しか使えないですからね。

 

そうして出会ったのがこのGoogle Keepの音声入力だったわけです。

 

Google Keepの音声入力(使用環境:iPhone seMacbook Air) 

f:id:yamakor:20170323191137p:plain

僕のiPhoneのホーム画面です。Keepがランチャーに殿堂入りしております。

 

1.ウィジェットからすぐに音声入力を呼び出せる

KeepはiPhoneウィジェットから呼び出せます。

見てくださいこの直感的な感じ!

 

マイクのボタンを押せばそのまま音声入力の画面になります。

 

f:id:yamakor:20170323192249p:plain

 

2.音声入力の精度高い&文章変換、音声メモを保存してくれる

Keepにした理由として音声入力の精度がめちゃ高い!(気がします!)

そして音声を文章化し、その音声メモ自体も保存しておいてくれるあたりがさすがなんです!

 

f:id:yamakor:20170323192601p:plain

 

なのでいつも歩いている時に逃していたアイデアやタスクをその場でiPhoneに向かって話すだけでメモが取れるようになりました。

 

本当に快適極まりない。

その他機能面においてもさすがGoogle先生と言わざるおえないクオリティなのです。

 

まとめ

これまで音声入力にあまり期待をしていなかったやまこーですが、このKeepを通して技術の劇的な進歩を感じております。

 

音声入力がもう文句ないレベルだったんですね。

音声→文章が何の問題もなくKeepで行えているので瞬間のアイデア を逃すことなくストックしておくことができるようになりました!

 

アプリで メモを取ることに僕と同じような悩みを持っていてみなさま!

ぜひGoogle Keepを使って見てください!

 

Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ