読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の人生の経験値

僕が得た経験を自由にアウトプットして行きます〜

「つくる」のって難しい。でも楽しい。つくることにおいての核は「最後まで」

f:id:yamakor:20151215115008j:plain

第三の空間、至福です。

プラシーボ抜きにしても本当に居心地の良いスターバックス

光が自然な色合いで目に優しく、自然な雰囲気。周りを気にしなくて良い雰囲気づくり。随所にコンセプト実現の工夫が感じられます。

そして何より店員さんが特殊ですよね。マニュアルではなく人としての愛ある対応。安心するし、癒されます。

今の状態をつくりあげるまでには相当の努力があったのだろうなーと。。。

 

そんなスタバから、今日は「つくる」ことについてでも書こうかなーと。

思いつき、見切り発車です笑

出発しんこーう!笑

 

つくるのって難しい。

f:id:yamakor:20151215123731j:plain

何事においても「つくる」のって難しいですよね。

頭の中では構想が溢れていても、それを現実世界でつくりあげるのは至難の技です。

 

今めっちゃ頭の中で作りたいものがたくさんあって、ものづくり欲がかなり爆発しそうです笑

僕は物欲より、何か作りたいという欲の方が強く出ます。。。

しかし時間を作り出せていない....うう、頑張らなくては。。。

 

写真は財布です。1年前くらいかな?に作ったものです〜

f:id:yamakor:20151215123752j:plain

これも構想にかなり時間をかけて、いざ作り始めましたが、頭の中で考えるのは簡単ですが、現実世界に実現させようとすると努力が必要なんですよね。

 

なかなか考える通りにいかないことが多々出てきます。

思い通りやるためには、「感覚」が必要ですね!

 

yamakor.hatenablog.com

 

僕は「構想」する方が好きです笑

だって、考えは無限で自由なんですもん!楽しい!笑...

 

と言っていますが、本当の本当の自分はきっと「つくる」ことの方が好きなんです。(どっちやねん笑)

 

なぜか。

 

つくらなきゃ結局虚しい。

f:id:yamakor:20151215161958j:plain

構想するのも、想像するのも結局実現しなくては虚しいです。

考えるだけでも楽しいことには変わりありませんが、その時間はその瞬間のことだけです。

やっぱりつくっておいてこそ残るものがあり、幸せが持続します。

 

そして構想や想像は形にしなくては使うことができません。

どんなに良いアイデアの製品だったとしても現実化してこそ使うことができ、使われてこそ価値があるのです。

 

どんなに良い問題解決方法でも実際に行ってこそ、その問題が解決されるのです。行わないでアイデアとして考えているだけなら何の問題も解決されることはありません。

 

そのように、

どんなに理想の自分を思い描いていても、実際にその通りに自分をつくってこそ、その通り価値ある人になるのです。誰よりも高い理想を考えていても、つくらなくては意味がありません。虚しいだけで終わります。

 

特に理想の自分につくらなかった虚しさは、人生の最後の時にくるのだと思っています。

 

最後までつくってこそ残るものがあるし、得るものがある。

f:id:yamakor:20151215161639j:plain

つまり「つくる」ことの核は「最後まで」ですね。

最後まで、終わる時までやりきってこそ、残るもの、得るものがあります。

残るから使うことができる、得るから自分のものにすることができるのです。

 

何か作品をつくることも途中で止めるのなら、作品にはならないし、使うこともできません。そして途中まで頑張った努力の分を得られずに終わってしまいます。

 

自分を成長させることも、途中で諦めるのならそこまで投資した分を得ることはできませんし、その次元から抜け出すことなく終わります。もう少し行ったら得れていたかもしれないのに。

 

人生もそうです。自殺をしたらそこで終わりです。生きているのなら何かがあるかもしれないです。

 

最後まで行ってこそ、つくってこそ、それまでにかけた全てのものを得ることができるのです。

 

途中途中大変なことは絶対にあります。しかし最後まで行けばそれすらも理解できるほどのものを得れるのだと思います。

 

 

 

 

研究がんばります。