僕の人生の経験値

僕が得た経験を自由にアウトプットして行きます〜

爆速で成長するための成功法!それは「固定観念」を取り除くこと!

f:id:yamakor:20151115182511j:plain

みなさん、もし可能ならば、自分の成長速度を上げたくないですか?

ぼくは上げたいです笑

 

なぜか?

無限に時間があるなら別にいいんです。でも事実、約100年という限られた時間しかないのです。ぼくもすでに人生の約1/4を過ごしました。

それなら!ぼくは生きている間に、人に出来る限界線、最高の次元まで成長したいです!

一度きりの人生だから。最高の人生にしたいじゃないですか!

 

今日はそのための方法の一つとして、”固定観念を取り除くこと”について紹介します。

 

固定観念は恐ろしい。自分の成長を止めてしまう?

f:id:yamakor:20151115184730j:plain

固定観念は成長することを止めます。

「とめる」というか、固定観念によってその人自身が成長することを「やめる」のだと思っています。

 

自分の今の技術や知識に満足する、自分の今の生活に満足する、日本の現在に満足する、世界に現在に満足する。

何かを変化させるためにはとてつもないエネルギーが必要です。

だから満足したら大変な思いをしてまで変化しようとは思えないのです。

この、「現在への満足」という固定観念が、変化すること、つまり成長することをやめさせます。

 

また成長は、個人の成長もそうですが、会社の成長、国の成長と全ての成長にこのことが言えます。

だから固定観念が恐ろしいのです。

 

しかし、逆に言えば様々な悪い固定観念さえ取り除けばいくらでも成長できるということです。

 

固定観念をなくせば、人付き合いが上手くなる!

f:id:yamakor:20151115182606j:plain

人との付き合いを見たときにも固定観念は恐ろしさを発揮します。

例えば第一印象。食べ物を食わず嫌いするように、身の回りの人でなんとなく苦手意識や嫌悪感を抱いてしまっていることはありませんか?

 

その人に対する、その悪い固定観念によって、自分も居心地が悪いし、その自分が相手に思っている気持ちは意外と伝わっていることが多いです。

しかし、どれだけその人を知った上でその固定観念を持ったのでしょうか?ほぼ勝手な偏見に近いのではないかと思います。

 

しかし人間話してみないとわからないもので、第一印象が悪かったとしても、話してみたらその後の親友になる出会いというのはよくある話。ぼくも経験があります笑

 

だから固定観念によってどれだけの多くの出会いのチャンスが奪われているか。

 

ぜひ苦手や嫌だなーと思ってしまっている人に対して改めてそれが勝手な偏見という固定観念でないか確認してみてください。

もしそうだったのなら、積極的に対話を試みることをおすすめします。

お互いのことをもっとよく知ればその悪い固定観念はなくなるかもしれません。

 

成長の材料を見つけられる。

f:id:yamakor:20151115183319j:plain

成長には何かしらの材料が必要です。

それは人であったり、言葉、環境や状況の変化など様々あります。

 

これらの材料も自分の固定観念によって成長の材料にもなるし、自分に何ら関係のないものにもなります。

 

同じものを見て聞いても、それを良いものだと捉える人と、悪い固定観念を持って見聞きする人とでは得られるものが全く違うのです。

例えば、人生の成功の秘訣が書いてある本があったとします。

しかし、そんなの嘘だ!どうせ詐欺だろうと思って読む人はきっとその視点でしか見れず実践せず、結局その人にとって価値なく終わるでしょう。

ですが、良いものだと思って信じてみる人はそれが本当に成功の秘訣だった時、その通り享受することができると思いませんか?

 

親からの言葉も、先生からの言葉も外部から全ての刺激には絶対自分の学びになることがあります。どんな考えを持ってそれを見るかが本当に大切なのです。

 

ぜひ、これも固定観念ではないか随時確認してみてください。

自分が否定しいたものも、実は周りの意見に流されていただけでその中身を何も知らないということが良くあります。

ぼくも何度もその経験をして自分の足りなさに情けなくなります笑

 

新しいものを生み出したり、発見することができる!

f:id:yamakor:20151115183608j:plain

固定観念はいうなれば、自分の中の”当たり前”でもあります。

世の中を見たときに、革命的な新発明や新発見は意外なところから出てきます。

例えばiPhoneとか。スマートフォンのパイオニアですね。

 

日本ではガラケーが当たり前。これが便利、満足。

だからその次元の中で昨日が追加されるなどの成長しかありませんでした。

 

しかし、スティーブジョブズ氏は当時の携帯を当たり前だとは考えていなかったんでしょうね。

きっと常に理想を探し求めていたのだと思います。

だから結局iPhoneを作り出し、今ではスマートフォンが当たり前です。

 

そのように生活の中で”当たり前”に思っていることに改めて、向き合った時、何か素晴らしいインスピレーションが来るかもしれません。

 

まとめ 〜成長はいつも近くにある〜

f:id:yamakor:20151115183821j:plain

はい、成長はいつも近くにあります。というか自分にあります。

自分の考え次第です。

 

身近な人、自分が当たり前だと思っていたもの、有名な言葉...

いくらでも自分の近くに”成長のきっかけ”はあるのです。

 

固定観念をなくせば、自分が見えている世界が変わります。

見えている世界が変わるのは自分が成長しているからです。

 

毎日新しい次元で世界を見ることができたらとっても幸せですよね、と思うやまこーでした。