僕の人生の経験値

僕が得た経験を自由にアウトプットして行きます〜

目的の達成を早くする方法!!〜あなたの目標を邪魔するもの、それは「誘惑」だ。〜

f:id:yamakor:20151216120424j:plain

突然ですが、みなさん!

今、何のために生きていますか?

 

生きる目的ですね。

何のために生きるのでしょうか? 

〜『アンパンマンのマーチ』から〜

何の為に生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ!

ぼくが大好きな曲の1つです!笑

 

そして、ぼくも答えられないのは嫌です!

だからいつも行いに目的意識を持つようにしているし、行いを拡大した人生にも目的を持って生きています。

 

もし、「何のために生きているか?」という問いに対して答えがなかったのなら一度考えてみてください!

いや見つかるまで考えてみてください!

学生だからって舐めないでください!笑

ぼくたちより大人の人こそ考えてください!

もちろん学生はしっかり考えてください!

 

そして、「お金のため」、「快楽のため」、「異性と付き合うため」とかのためだけに生きるのなら、そんなんやめてください!!!切実に!!!笑

 

そうです、これはぼくのエゴです!笑

しかしそんなことのために生きているのなら、このブログをみていただかなくて結構です!(そんなにPVないだろ笑 いつも見てくださる方々本当に感謝です_ _)

 

そうではなくて、アバウトでも良いから「人のために生きたい」とか、「平和にしたい」、「幸せになりたい」と思えるならもう少し具体化して、そのためには今何を目的にするべきなのかを考えてみてください。

もしくはもう具体的な目的を持っている方かもしれません。 

 

今回の記事はその目的に対しての達成を早くする方法です。

 

前置き長くてごめんなさい!

はい!レッツゴー!

 

逆に目的を早く達成できないのはなぜ? 

f:id:yamakor:20151216120720j:plain

それは「誘惑」が邪魔をするからです。

人間は見て聞いた通りに考えて生きていきます。見たら影響を受けるし、聞こえても影響を受けるんですね。

 

だから、あまりにも身の周りに誘惑が多すぎるのです。

 

目的を達成すること。それは簡単なこと、楽しいことばかりではありません。

その目的が大きければ大きいほど、価値があることであればあるほど困難があるかと思います。

 

しかし、そんな時「誘惑」という名の悪魔みたいな存在にしょっちゅう負けてしまうのが人間です。

 

テスト前で勉強しなくてはいけないとわかっているのに、寝てしまったり、遊んでしまったり、テレビを見てしまったりと誘惑に負け、楽な方に流れます。

 

もっと拡大すると、自分が人生の中で思い描く夢。それを本当に成せたら幸せなのに、様々楽な方に流れます。

(やまこー自身も、書きながら、悔い改めております笑。この誘惑にいかにして勝つか日々自分の考えとの戦いです!)

 

いやもう本当に憎いです、「誘惑」。

 

 こいつに勝たなくてはいけません!(少なくとも僕は勝ちたいのです)

 

ではどうするのか?それは。

 

我慢ばかりせず、抜け出す!

f:id:yamakor:20151216121223j:plain

はい、我慢し続ける方が難しいです。抜け出すのです。

 

人は見て聞いた通りに影響を受けてしまうと言いましたが、見て聞いていたら基本、我慢できなくなります。

尊敬している恩師が喩えてくれました。

 

喩えるなら、手榴弾。手榴弾の核心は「安全ピン」です。

安全ピンを抜かないのなら爆発することはありません。

 

そのように、ここでいう安全ピンが言わんとしているのは自分の心と考えです。

自分が絶対に誘惑に負けないと決心しているのなら、手榴弾の安全ピンを抜かないことであり、誘惑に負ける、つまり爆発することはありません。

 

しかし、安全ピンに関係なく手榴弾が爆発することがあるんですね。

それは何か?

 

熱し続けることです。

 

安全ピンがついていても、熱いストーブの近くにおいておくのならいずれ爆発します。

そのように、心と考えがいくら決心していても、誘惑が周りにあり見聞きするしかない環境では、手榴弾が爆発するように、いずれ誘惑に負けてしまうのです。

 

だから、我慢し続けて問題を解決するのではなく、そこから抜け出しなさい。

 

 

と教えていただきました。

 

抜け出すとは?

f:id:yamakor:20151115234518j:plain

この「抜け出す」結構深い意味です!笑

 

もちろん、自分の誘惑となる環境から抜け出すのも実践です。

テレビがあって見てしまうならカフェにでもいけば良いし、寝てしまうのなら、集中しやす場所へでも環境を変えたら良いです。

 

しかし、もっと根本的に抜け出すべきなのは、その今の自分の考えからです。

 

そもそも勉強を苦痛だと思うから、眠くもなるし、楽な方に逃げたくなる。

そもそも仕事を大変だと認識するから、辛く、楽なことを求めたり、アルコールで脳を麻痺させようとする。

 

つまり、その物ごとに関する認識や、考えかたを新しい次元に抜け出すということです。 これも古い固定観念によるものですね。

yamakor.hatenablog.com

 

ではどうやって考えや認識を新しい次元に抜け出したら良いのでしょうか?それは。

 

やろうとする心を持つこと!

f:id:yamakor:20151216121449j:plain

人はやろうとする心を持って行うなら、できない人はいないです。

その心が弱くなるから大変になるのです。

 

やろうとする心を強くするためには、その目的の価値を正しく知ることです。

 

今目指している目的の達成がどれだけ価値のあることなのか?

それをはっきりとわかって行う人ほど、行いの力が強い、その人は誘惑に勝つ力を持っています。

目的の価値を知っているから、誘惑と天秤かけた時にその目的の達成によって得られる価値の大きさで努力できるのです。

 

 

この境地に本当に至ったと言えるのなら人生幸せだと思って日々努力しているやまこーです笑

異性、快楽、睡眠など。楽な方に流れるのは、簡単だし、楽しいし、幸せです。

しかしその感情は瞬間の誤魔化しにしか過ぎません。

 

一度きりの人生を瞬間のものを大切にして生きるのか、本当に幸せだと思えることを探してそのために生きるのか。

 

みなさんは、何のために生まれて、何をして生きますか?

 

 

 

「つくる」のって難しい。でも楽しい。つくることにおいての核は「最後まで」

f:id:yamakor:20151215115008j:plain

第三の空間、至福です。

プラシーボ抜きにしても本当に居心地の良いスターバックス

光が自然な色合いで目に優しく、自然な雰囲気。周りを気にしなくて良い雰囲気づくり。随所にコンセプト実現の工夫が感じられます。

そして何より店員さんが特殊ですよね。マニュアルではなく人としての愛ある対応。安心するし、癒されます。

今の状態をつくりあげるまでには相当の努力があったのだろうなーと。。。

 

そんなスタバから、今日は「つくる」ことについてでも書こうかなーと。

思いつき、見切り発車です笑

出発しんこーう!笑

 

つくるのって難しい。

f:id:yamakor:20151215123731j:plain

何事においても「つくる」のって難しいですよね。

頭の中では構想が溢れていても、それを現実世界でつくりあげるのは至難の技です。

 

今めっちゃ頭の中で作りたいものがたくさんあって、ものづくり欲がかなり爆発しそうです笑

僕は物欲より、何か作りたいという欲の方が強く出ます。。。

しかし時間を作り出せていない....うう、頑張らなくては。。。

 

写真は財布です。1年前くらいかな?に作ったものです〜

f:id:yamakor:20151215123752j:plain

これも構想にかなり時間をかけて、いざ作り始めましたが、頭の中で考えるのは簡単ですが、現実世界に実現させようとすると努力が必要なんですよね。

 

なかなか考える通りにいかないことが多々出てきます。

思い通りやるためには、「感覚」が必要ですね!

 

yamakor.hatenablog.com

 

僕は「構想」する方が好きです笑

だって、考えは無限で自由なんですもん!楽しい!笑...

 

と言っていますが、本当の本当の自分はきっと「つくる」ことの方が好きなんです。(どっちやねん笑)

 

なぜか。

 

つくらなきゃ結局虚しい。

f:id:yamakor:20151215161958j:plain

構想するのも、想像するのも結局実現しなくては虚しいです。

考えるだけでも楽しいことには変わりありませんが、その時間はその瞬間のことだけです。

やっぱりつくっておいてこそ残るものがあり、幸せが持続します。

 

そして構想や想像は形にしなくては使うことができません。

どんなに良いアイデアの製品だったとしても現実化してこそ使うことができ、使われてこそ価値があるのです。

 

どんなに良い問題解決方法でも実際に行ってこそ、その問題が解決されるのです。行わないでアイデアとして考えているだけなら何の問題も解決されることはありません。

 

そのように、

どんなに理想の自分を思い描いていても、実際にその通りに自分をつくってこそ、その通り価値ある人になるのです。誰よりも高い理想を考えていても、つくらなくては意味がありません。虚しいだけで終わります。

 

特に理想の自分につくらなかった虚しさは、人生の最後の時にくるのだと思っています。

 

最後までつくってこそ残るものがあるし、得るものがある。

f:id:yamakor:20151215161639j:plain

つまり「つくる」ことの核は「最後まで」ですね。

最後まで、終わる時までやりきってこそ、残るもの、得るものがあります。

残るから使うことができる、得るから自分のものにすることができるのです。

 

何か作品をつくることも途中で止めるのなら、作品にはならないし、使うこともできません。そして途中まで頑張った努力の分を得られずに終わってしまいます。

 

自分を成長させることも、途中で諦めるのならそこまで投資した分を得ることはできませんし、その次元から抜け出すことなく終わります。もう少し行ったら得れていたかもしれないのに。

 

人生もそうです。自殺をしたらそこで終わりです。生きているのなら何かがあるかもしれないです。

 

最後まで行ってこそ、つくってこそ、それまでにかけた全てのものを得ることができるのです。

 

途中途中大変なことは絶対にあります。しかし最後まで行けばそれすらも理解できるほどのものを得れるのだと思います。

 

 

 

 

研究がんばります。

 

 

 

 

39度の熱を出しました。何もできませんでしたが、得るものはありました。

f:id:yamakor:20151211134148j:plain

いやーすぐにサボっちゃう。

悪い癖です。感覚のことを話しておきながら、観念で終わってしまっては意味がないですね。実践しなくては....

 

タイトル通り、この記事を書いている3日前に人生初!39度の高熱を経験!

午前中からお腹に違和感がありつつも、外出し、悪寒の中行動して家に戻ってきて布団に入ったところ...

 

身動きが取れなくなりました。

 

横になったところから急激に熱が上がりはじめ、夕方には39度になっていた模様です。

本当につらいですね...高熱

何がつらいって足が痛いんです笑

もちろん頭痛、腹痛、だるさ、熱、下痢など様々あった上でですが、足の節々が謎の表現できない痛みに襲われ全く寝れない...

 

幸いにもルームシェアをしているため、一緒に住んでいる社会人の方々に看病していただき本当に感謝でした;;

 

しかし、インフルの予防接種もしていなかったため、こりゃインフルだな...と内心思っておりました。

 

そして、私、やまこー、一生の不覚だなと。

 

次の日に病院にいく決心をしその日は悶え苦しみながらいつの間にか意識を失ったようです(寝ている間が本当に天国でした)

 

次の日の朝は体中痛かったのですが、全体的に痛みは引いていて少しは楽な状態でした。しかも実家茨城に住む母親がわざわざ車で来て近くの病院まで連れて行ってくれました;;もうめっちゃ愛を感じて感謝感謝です;;

 

いざ診察...

インフルを覚悟し検査結果を待つと...

 

インフルではなく、急性胃腸炎との結果が...

 

いやー本当によかったです。みんなにうつさないで済みました;;

 

そんなこんなでこのブログを書いている今は完全復活です。(朝起きるのは8時になってしまって寝坊しましたが...いつもは4時起きです...)

 

ここまでの経緯の説明に長々使ってしまいましたがここからが本題!

熱の間本当に何もする気になれず、実際寝返りを打ち唸ることしかしていなかったのですが、得るものはあったという話です笑

 

ぼくは、身の回りで何か起こったら何か意味があるのでは?と考えます。(スピリチュアルなやつです笑)

実際経験則的にいつも意味があるからそうしているのですが、急性だし、原因もよくわからず胃腸炎になったのも絶対意味があるなと。

なぜだろう?何か今の自分に対しての答えかも?と考え続けた結果....

 

「今の自分が消化不良状態!」

f:id:yamakor:20151211134422j:plain

ということを悟りました笑

そりゃ胃腸炎なんだから当たり前だろ、と思われるかもですが笑

これは食べ物がではなく、実践できていないということなんだなーと。

 

まあ、どういうことかというと、冒頭の内容にも関連しますが、

観念で終わってしまっていて実践できていないことがたくさんあるんだなーということです。

 

どんなに栄養のあるものを食べ続けても、運動しなくては、消化不良を起こし栄養を享受することはできません。

そのように、どんなに良いことも学んでいても、実践しないのなら享受することはできず、観念で終わってまうのです。

 

ぼくとしては認めたくない答えなんですが...間違いなさそうです...笑

最近いろんな状況が周りにあって、素直になれていない自分がいる気がして悔しいのです。

 

幼な子のように心を新たにして、素直になり、学ぶ姿勢を改めていかなくてはと決心する良い機会になりました。

 

  

 

ブログをサボり続けて17日。あいつが死にました。

f:id:yamakor:20151115184730j:plain

                                          著作者:xn3ctz

お久しぶりです。

毎日更新する勢いで始めたこのブログですが、数えてみたら17日も放置されていました。

ただ言い訳させてください。この17日間で何が起こったのか。

 

あいつが死にました。

 

11月半ば、本当についこの間までは調子も良くどんどん成長していて、元気だったんです。

その日からたった17日しか経っていないのに死にました。

 

ブログを書く「感覚」が。

 

 

f:id:yamakor:20151203112943j:plain

                                      著作者:donnierayjones

はい!

全然重い話でもなんでもないです。死んだあいつは「感覚」のことです。

17日サボっていたら僕のブログを書く感覚が死にました。

だから今文章を構成するのがめっちゃ大変です。(もともと文章力が乏しいのに...)

 

なので今回は身をもって悟った「感覚」についての記事を書こうかなと。

 

感覚

f:id:yamakor:20151203113236j:plain

                                          著作者:Jsome1

人が物事をうまくやろうとする時、必要なものがあります。

その1つが「感覚」です。

 

感覚は、

話すとき、歌うとき、勉強するとき、ものをつくるとき、走るとき...etc

と様々に何かをするときに自然と使っているのです。

 

しかし使っているとはいっても、人によって感覚に差があります。

その分野において感覚が生きている人が上手にできる人ですね。

逆に感覚がない人は同じことをしていてもうまくいかなかったりします。

 

例えば作曲が上手な人や、頭が良い人、話が面白い人に、「何でそんな上手なの?」と聞いても、本人もわからないことも多いのではないでしょうか?

「風景を見ているとメロディーが浮かんでくるんだよね」「ノートをとってたらテストなんて簡単だよ」「普段の話をしているだけだよ?」

 

実はそれってその人が持っている「感覚」なんです。

 

感覚はどうやって得るの? 

f:id:yamakor:20151203113503j:plain

                                       著作者:djandyw.com

では、どうやってその人たちは、その感覚を得たのでしょう?

 

生まれつきの個性による得意不得意な感覚もあると思います。

しかし、ほとんどは幼い頃から今に至るまでにどんな環境で育ち、どんなものを見聞きしてきたかで変わってきます。

 

その見聞きしてきたものの中で、自分が好き、楽しい、かっこいいなどと思えることを、実は幼い頃から自分では意識せずに取捨選択して成長してきてるのだと思います。

 

そうしていつの間にか、その感覚が磨かれて自分にとって当たり前のものとなっています。自分では無意識のうちのただの興味だったもの、それが大人になったらスキルとして社会に役に立つものになっていたりするのです。

 

 ちょっと皆さん自分の得意なことを思い浮かべてみてください?

 特に小さい頃から得意だったり好きだったことが良いかもです。

「何でそんなにうまいの?」と聞かれても、「感覚」に該当しませんか?

 (違かったらごめんなさい...でもそうだった程でブログは書きます笑)

 

 では、今現在、苦手なことはどうなるのか?

 

「うわー小さい頃から苦手だから今も感覚が死んでてできないや」

「小さい頃からできるように教育してくれたら今こんなに困らないすんだのに!」

 

となってしまいますか?...

とはなりません!!笑

そんなスペック低く神様は人間を作ってはいないのです!笑

 

感覚を生かす方法はあります!

 

感覚を生かす方法!

f:id:yamakor:20170324075411p:plain

最後はあっさりと書きますが、普通のことです笑

 

持続的に行うこと。

 

これだけです。

 

自分が話すのが苦手だという人。

自分は記憶力がないという人。

音痴だという人。

文章を書くのが苦手だという人。

早起きが苦手だという人。

 

言い出したらきりがありませんが、全て自分が自分で限界を決めているだけです。

「苦手だ、できない」という固定観念ほど恐ろしいものはありません。

その固定観念のせいで挑戦しなくなります。

挑戦しないから感覚が生き返ることはありません。

 

人間大抵のことがうまくできるようになります。

しかし、よりよく成長するためには「ただではできない」のです。

 

苦手なことに挑戦すること。本当に難しいことです。

しかし、やってみてください。挑戦してみてください。

そして、出来なくても、出来るようになった自分を希望にして、持続的に頑張ってみてください。

 

どこまでうまくなるか?

そんなの知りません笑

でも限界は自分が決めているのだとしたら、どこまでの限界も自分で決めるのではないでしょうか?

 

僕の尊敬する人はもう70歳を超えていますが、いまだに変化し続けています。

若い僕よりもはるかに頭が柔軟で、変化し続けることに貪欲です。

どう考えて考え、行いの次元が高すぎるのに、それでもまだ上を目指し続け、どうしたらできるかを考え続けています。

 

今の自分に満足したらそれでその人の価値の上昇は止まります。

僕は死ぬ時まで成長し続けたいです。

 

まとめ

 

ブログを持続的に続けられていない僕が何様やと言われそうですね笑

ぐうの音も出ないです。笑 ごめんなさい。

 

まとめます!

 

  • 物事を上手に行うためには「感覚」が必要です!
  • 感覚は今までの人生で得てきたものもありますが
  • 今から、いくらでも得ることができます!そのためには
  • 苦手なこと、新しいことに挑戦!
  • そして持続的に頑張ることです!

 

 

以上!

分身の術!我が分身を作り出す方法!

f:id:yamakor:20151115234844j:plain

                                       著作者:__MaRiNa__

今日は特別にもう一人の自分を作り出す、「分身の術」を伝授します。

 

まずはじめに

f:id:yamakor:20170324075621p:plain

 

人間の核心は何かご存知ですか?

核というぐらいだから、それが失われたら”人間でなくなる”ものと言うこともできますね。

少し考えてみてください^^

...............

 

..........

 

......

 

...

 

.

 

では、答え!

それは「考え」、もしくは「」です。

 

なぜか?

 

ちょっと一旦””について考えて見ます。

人間において、なぜ死んだことを死んだと言うのか。

それは人間としての機能が果たせなくなるからです。

 

血液が循環し、臓器が活動して、肢体が動き、感覚があって、考えることができる。

それらが全て『機能しなくなった』とき、死んだと表現するのです。

 

またスマホにおいても同じです。

落として液晶が割れた、バッテリーが切れたなど、スマホとして『機能しなくなった』とき、「ケータイが死んだ」と表現したりします。

 

つまり、””とは”本来あるべき機能が機能しなくなること”を表します。

 

そのことを踏まえて話を戻しますと、人間から「脳、考え」が奪われた時、全ての機能が停止するため、核心が脳であり、考えだと言えるのです。

 

考えが人間の本体だと言っても過言ではない!

f:id:yamakor:20151115234813p:plain

核心であり、なくなったらいけない存在。逆に考えたら本体とも言えます。

全ての人の行動を考えてみると、全て考えから始動がかかり、体が行います。

 

喜びや幸せも脳が考えで感じるのです。

だから人間は肉体を通して脳の考えを満たすために生きています。

だから本体だというのです。

 

そして人の違いはもちろん見た目もですが、考えていることの違いが行いの違いになります

自分が生きてきた中で何を考え、見て聞いてきたか。それによって、人を幸せにしたいと考える人はそのように生きるだろうし、お金持ちになりたいと思う人はそのように生きるのです。

つまり人間は考えによって生きているのです。

 

伝授しよう!分身の秘密は「考え」にあり。

f:id:yamakor:20170324075834p:plain

ここからが本番です。上は序論にすぎません。

みなさん分身したいですよね?

みなさんの期待に満ちた眼差しが想像できます!笑

 

焦らさず分身の方法を教えます!

それは

 

人間の核心であり、本体である「考え」を表現したら良いのです。

それがあなたの分身です。

特にこのブログというツールはより明確に分身を作り出すことができます。

自伝なんかも同じ感じかな。

 

ブログを書くこと。

それは自分の考えをブログに蓄積していくことです。

 

つまり、考えや思いが強い記事が溜まれば溜まるほど、Web上にブログという形であなたの「考え」が具現化されそれが分身となるのです。

 

忍法的な分身で、会社や学校で並列処理できる的な妄想をして期待してくださった方々、その期待を裏切ってしまいゴメンなさい_ _笑

しかし本当に分身として機能しますよ。

 

分身に何ができる?

f:id:yamakor:20151115234518j:plain

                                  著作者:tinto (改変 gatag.net)

こうやって作り出した分身は、ものを動かしたり、営業に行ってくれたりと地上での仕事をしてくれることはありません。(当たり前や)

 

では何ができるのか?

それは

  • 自分が別の作業をしていても、ネットという空間において不特定多数の人に自己紹介をしてくれています。
  • そして自分の思いを多くの人に伝えてくれています。
  • 内容によっては人を幸せにしてくれていたりも、
  • 人に変化や成長を与えてくれていたりもします。

 

と言った、とてつもない働きをすることができるのです!

 

だからブログの価値がありますし、他のブロガーさんのブログを見ることは一種その人に会った体験をしているようなものです。

 

多くの人と繋がりを作りたいぼくにとって願ったり叶ったりのツールということですね笑

 

まとめ

「分身の術」いかがでしたでしょうか。賛否両論大歓迎です!

 

自分の考えが本当に人生にとって大切なのです!

 

全ての人が良い考えで生き、いつか世界の平和が成されることをぼくは祈ります。

 

 

 

 

 

爆速で成長するための成功法!それは「固定観念」を取り除くこと!

f:id:yamakor:20151115182511j:plain

みなさん、もし可能ならば、自分の成長速度を上げたくないですか?

ぼくは上げたいです笑

 

なぜか?

無限に時間があるなら別にいいんです。でも事実、約100年という限られた時間しかないのです。ぼくもすでに人生の約1/4を過ごしました。

それなら!ぼくは生きている間に、人に出来る限界線、最高の次元まで成長したいです!

一度きりの人生だから。最高の人生にしたいじゃないですか!

 

今日はそのための方法の一つとして、”固定観念を取り除くこと”について紹介します。

 

固定観念は恐ろしい。自分の成長を止めてしまう?

f:id:yamakor:20151115184730j:plain

固定観念は成長することを止めます。

「とめる」というか、固定観念によってその人自身が成長することを「やめる」のだと思っています。

 

自分の今の技術や知識に満足する、自分の今の生活に満足する、日本の現在に満足する、世界に現在に満足する。

何かを変化させるためにはとてつもないエネルギーが必要です。

だから満足したら大変な思いをしてまで変化しようとは思えないのです。

この、「現在への満足」という固定観念が、変化すること、つまり成長することをやめさせます。

 

また成長は、個人の成長もそうですが、会社の成長、国の成長と全ての成長にこのことが言えます。

だから固定観念が恐ろしいのです。

 

しかし、逆に言えば様々な悪い固定観念さえ取り除けばいくらでも成長できるということです。

 

固定観念をなくせば、人付き合いが上手くなる!

f:id:yamakor:20151115182606j:plain

人との付き合いを見たときにも固定観念は恐ろしさを発揮します。

例えば第一印象。食べ物を食わず嫌いするように、身の回りの人でなんとなく苦手意識や嫌悪感を抱いてしまっていることはありませんか?

 

その人に対する、その悪い固定観念によって、自分も居心地が悪いし、その自分が相手に思っている気持ちは意外と伝わっていることが多いです。

しかし、どれだけその人を知った上でその固定観念を持ったのでしょうか?ほぼ勝手な偏見に近いのではないかと思います。

 

しかし人間話してみないとわからないもので、第一印象が悪かったとしても、話してみたらその後の親友になる出会いというのはよくある話。ぼくも経験があります笑

 

だから固定観念によってどれだけの多くの出会いのチャンスが奪われているか。

 

ぜひ苦手や嫌だなーと思ってしまっている人に対して改めてそれが勝手な偏見という固定観念でないか確認してみてください。

もしそうだったのなら、積極的に対話を試みることをおすすめします。

お互いのことをもっとよく知ればその悪い固定観念はなくなるかもしれません。

 

成長の材料を見つけられる。

f:id:yamakor:20151115183319j:plain

成長には何かしらの材料が必要です。

それは人であったり、言葉、環境や状況の変化など様々あります。

 

これらの材料も自分の固定観念によって成長の材料にもなるし、自分に何ら関係のないものにもなります。

 

同じものを見て聞いても、それを良いものだと捉える人と、悪い固定観念を持って見聞きする人とでは得られるものが全く違うのです。

例えば、人生の成功の秘訣が書いてある本があったとします。

しかし、そんなの嘘だ!どうせ詐欺だろうと思って読む人はきっとその視点でしか見れず実践せず、結局その人にとって価値なく終わるでしょう。

ですが、良いものだと思って信じてみる人はそれが本当に成功の秘訣だった時、その通り享受することができると思いませんか?

 

親からの言葉も、先生からの言葉も外部から全ての刺激には絶対自分の学びになることがあります。どんな考えを持ってそれを見るかが本当に大切なのです。

 

ぜひ、これも固定観念ではないか随時確認してみてください。

自分が否定しいたものも、実は周りの意見に流されていただけでその中身を何も知らないということが良くあります。

ぼくも何度もその経験をして自分の足りなさに情けなくなります笑

 

新しいものを生み出したり、発見することができる!

f:id:yamakor:20151115183608j:plain

固定観念はいうなれば、自分の中の”当たり前”でもあります。

世の中を見たときに、革命的な新発明や新発見は意外なところから出てきます。

例えばiPhoneとか。スマートフォンのパイオニアですね。

 

日本ではガラケーが当たり前。これが便利、満足。

だからその次元の中で昨日が追加されるなどの成長しかありませんでした。

 

しかし、スティーブジョブズ氏は当時の携帯を当たり前だとは考えていなかったんでしょうね。

きっと常に理想を探し求めていたのだと思います。

だから結局iPhoneを作り出し、今ではスマートフォンが当たり前です。

 

そのように生活の中で”当たり前”に思っていることに改めて、向き合った時、何か素晴らしいインスピレーションが来るかもしれません。

 

まとめ 〜成長はいつも近くにある〜

f:id:yamakor:20151115183821j:plain

はい、成長はいつも近くにあります。というか自分にあります。

自分の考え次第です。

 

身近な人、自分が当たり前だと思っていたもの、有名な言葉...

いくらでも自分の近くに”成長のきっかけ”はあるのです。

 

固定観念をなくせば、自分が見えている世界が変わります。

見えている世界が変わるのは自分が成長しているからです。

 

毎日新しい次元で世界を見ることができたらとっても幸せですよね、と思うやまこーでした。

 

あ、鳥はむ、つくりました。

f:id:yamakor:20151111230028j:plain

 

ども、人に会うたびに痩せた?と聞かれるやまこーです。

太ろうとしてるんですけどね...(ん、今多くの人を敵に回した気が...)

 

最近朝がバタバタしていて、なかなか自炊して食べる時間を作り出せていないのです。

だからフルグラを食べたり、フルグラを食べたり、フルグラをたbet.....

そんな食生活をしていて痩せてしまったのかもですが、ぼくはいたって健康なのです。

...

健康なんですが、

「痩せた?」と言われてしまうのは、あまり相手に良い印象ではないのかなーと。心配させてしまっていたり、病的に見られていたり。

特にインターン先で見ている子どもたちにはそう思わせたくないですね。元気なお兄ちゃんでいたいです!笑

 

だから「鳥ハム」を作りました!笑

 

なぜ鳥ハムなのか?

それは

材料が安い!

材料は鳥むね肉です。100グラム45円ほどで1kg入っている国産のものを使いました。

多分、肉コーナーの中では安い肉として上位にいるのではないかと思います。

1キロもハムを作れればかなり使い倒せますからね〜

 

日持ちする!

f:id:yamakor:20151111230044j:plain

冷蔵庫で1週間ほどは保つみたいです。作っておけば朝に切るだけで食べられるのはとっても嬉しいです!

 

おいしい!しかも、疲れにも効果的!

f:id:yamakor:20151111230026j:plain

むね肉は工夫して調理しないとパサパサになりがちですが、鳥ハムはしっとりとしていて美味!

朝トーストに挟んでもよし、ご飯ともよし、そのままでもおいしい!最近のバタバタする朝にはとても重宝してます。

しかもタンパク源としてもむね肉ってかなり有能だったような気がしますし、確か疲労回復効果が優れているとかとか!(不確定すぎる笑)

 

あえずおいしい...笑

はいごめんなさい、なんでもないです。

 

最後は作り方を紹介して終わりにしようと思います〜

〜作り方〜

材料:

  • 鳥むね肉 2枚(2枚を一枚のハムにします)
  • 塩4〜5グラム
  • 砂糖4〜5グラム
  • 好みでブラックペッパー
  1. 鳥むね肉を開いて、2センチ間隔で深めの切り込みを入れる。(2枚を重ねて形を整えやすくするため、塩と砂糖を揉み込む面積を増やすためです。)
  2. 塩と砂糖を揉み込む。
  3. ぼくはジップロックを使いましたが、袋に入れて空気を抜いて、冷蔵庫で1日寝かせます。
  4. 肉を取り出して、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。(この塩と砂糖の量なら塩抜きは入りません)
  5. 肉を2枚バランスよく重ねてラップで包みキャンディ状にしてハムの形に整えます。
  6. 鍋が沸騰したら火を止めて、キャンディ状のハムを入れ、30分〜1時間ほど放置。(適温は70〜75度みたいです。)
  7. お湯から取り出して、粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やして固めます。
  8. 冷えたら完成です!

 

写真なくてごめんなさい_ _

夢中になって忘れました。。。忘れました...|ω・`)ちらっ

 

はい、以上鳥ハムの話です!